カードローンとは?

○カードローンとは

カードローンとは、銀行などの金融機関が発行するカードを使ったローンのことです。カードローンではカードを使い、貸出枠の範囲でCDやATMから借り入れを行うことができます。カードローンのカードは専門のカードを使う場合もあれば、金融機関の普通預金口座のキャッシュカードを使う場合もあります。前者の場合、預金口座を持っていなくても利用することが可能です。なお、カードローンはネットローンとしばしば混同されがちですが、この2つはまったく性質が異なるものです。

カードローンの返済は基本的にリボルビング払いで行われます。リボルビング払いで借入残高が0円になるまで、毎月の返済日に口座自動振替で返済していくというものです。なお、カードローン口座へ直接入金したり、自名義の普通預金口座などから振替することもできるようになっています。

カードローンでは金融機関が指定する保証会社が返済に関する保障を行うので保証人は不要です。万が一、返済遅滞や返済不能などに陥った場合は保証会社が金融機関へ支払の立て替えを行います。カードローンの申込時には金融機関と保証会社の両方の審査を受けることになり、どちらかで弾かれた場合はもちろんカードローンを利用することはできません。

○カードローンのメリット

カードローンのメリットは、基本的に貸金業者から借入を行うよりも金利が低いことです。なお、会社によってはメインバンクとなっている銀行の総合口座、カードローンの2つを持たされることもあり、会社指定のカードローンは通常のカードローンよりも更に金利が低くなっていることがあります。

また、貸金業法では総量規制により、年収の3分の1以上の借り入れが不可能と定められていますが、カードローンは貸金ではないので総量規制には該当しません。カードローンは返済にかかる負担は最小限に多額の融資を受けられるので、長期に渡ってまとまったお金が必要になった時などに利用できます。

カードローンのメリットの一つとして、自動融資機能が挙げられます。これはカードローンの返済に利用している口座から自動振替時に残高不足になった場合、自動的にカードローンの貸出枠の範囲で立て替えを行ってくれるというものです。これにより、うっかり入金を忘れていたとして返済遅滞を防ぐことができます。その他、金融機関によってはカードローン利用による優遇サービスを設けているところもあります。

○カードローンのデメリット

ローンの金利には、借り入れた時の金利が維持される固定金利、借り入れた後で金利が上下する変動金利があります。もっとも、変動金利とはいえ、極端に金利が上下したり、頻繁に金利が上下したりすることはありません。変動金利で金利が変わるのは、物価の上昇や下降、日銀の金融政策などで金融情勢に変化が生じた時などが代表的です。つまり、変動金利とは、貨幣価値に応じて金利を上下させるという制度と言えます。

カードローンは変動金利になっているため、定期的に金利が見直されます。そのため、借主は金利が上昇する可能性まで考慮した上で計画的に借入と返済を行っていく必要があります。

カードローンには上述した自動融資機能がありますが、貸出枠がない場合はもちろん支払いの立て替えを行うことがはできません。通常の貸金では数日程度の遅延なら見逃されるものですが(遅延損害金による収入を得るため)、カードローンの場合は遅延が1日だけだったとしても即座に金融会社は新規貸出を停止し、保証会社へ債権回収を実行するのが一般的です。こうなると保証会社から直接借入を行って遅延したものとして見なされ、厳しい取り立てに合う可能性もあります。

カードローンは基本的には低金利なので使いやすいですが、使い過ぎや借り過ぎには十分な注意が必要です。その他、カードローンではカードの紛失や盗難に遭った場合、不正利用をされる可能性があります。不正利用があった場合の保障規定は金融機関によって異なり、キャッシュカードと同様の保障規定が受けられない場合もあります。不正利用があった場合の保障規定は契約前にしっかりと確認しておいた方がいいでしょう。

○カードローンの使い方

基本的にカードローンによって借り入れた資金はどのような目的でも使用できますが、1つだけ制限があります。カードローン資金の使途・目的には『事業資金は除く』とされており、カードローンを事業資金としても使うことはできません。そのため、カードローンには通常のカードローンの他、事業者向けのカードローンの販売も行われています。これを事業者カードローン、法人カードローンまたは、ビジネスローンといいます。どれも同じもので、個人事業主や法人経営者が資金調達や資金繰りに利用する無担保ローンのことを言います。事業者カードローン、法人カードローンまたは、ビジネスローンは、即日融資が可能で審査も通りやすい為、通常の銀行融資と比較して使いやすい資金調達方法となっています。銀行融資の場合、中小企業はよほどの信頼性がないと融資してくれないケースも多い為、中小零細企業の場合には、法人カードや事業者カードローン、法人カードローンまたは、ビジネスローンが選択肢になるからです。

ビジネスローン比較ラボ

Copyright(C) 事業者カードローンガイド All Rights Reserved.